东京温泉

东京有为数众多的温泉设施,这一点却不太为人所知。可在利用古民家改造而成的别有情趣的建筑及包围于庭园之内的正宗露天温泉等,充分感受日本的温泉文化。设施内有饭店,还提供美容及按摩服务。当日往返去东京的温泉,在体验日本温泉文化的同时消除旅行的疲劳吧。 日本語版 漢語繁體字版
首页營運者造訪報導

大江戸温泉物語~外国人にも人気の東京観光スポット・早朝深夜のフライトと組み合わせても

写真

実は過去何度も訪れたことがある「大江戸温泉物語」。お台場にあり最寄駅はゆりかもめ線テレコムセンター駅で徒歩2分。りんかい線東京テレポート駅からは無料シャトルバスもでている。

●大江戸温泉物語


自分が以前にここを利用したのは、成田空港からの帰りだ。遅い時間に到着するLCC便で、既に終電はなかったため京成バス「東京シャトル」に乗って大江戸温泉物語で降り、朝、ゆりかもめが動くまでここに滞在し、仮眠室で寝ていた。

●成田空港 東京シャトル入館セットプラン | お台場大江戸温泉物語

セットプランなら大江戸温泉物語の利用料は1,200円。
ホテルよりはるかに安くあがる。また早朝便の場合にも、東京シャトルなら例えば3:55に大江戸温泉物語を出発し、成田空港第3ターミナルに5:30につく便がある。

羽田空港も同様の早朝便利用客向けのセットプランがあるので、覚えておくと便利だ。

●羽田空港 早朝便フライト前泊プラン | お台場大江戸温泉物語

この日は、近くの若洲海浜公園で2日連続のソロキャンプをしていたので、その間にひとっぷろ浴びようとバイクでやってきた。

写真

ワンちゃん用の温泉「綱吉の湯」もある。

写真

広いフロント。
柵の中は入場待ちの列ができた時の誘導ポールがあるのだが、これが使われている風景はまだ見たことがない。修学旅行とか団体バスが来た時かな。

写真

受付けが終わったら、浴衣の無料貸し出しをしている「越後屋」へ。
男性・女性で計9種類の柄があり、帯の色も自分で選ぶことができる。

写真

女性の5柄。
毎回どれにしようか悩む。たまに新しい柄も登場する。

写真

男性はこちら。
サイズもちゃんとSから3Lまで用意されている。

写真

そして浴衣に着替え、荷物をすべてロッカーに入れ、浴衣を着たまま奥に進むと・・・

写真

中央に大きな櫓がたつ、こんなお祭りモードのスペースに出ていく。
初めてだと「まずは温泉」と思い、裸体で浴室に向かおうとしてしまうんだけど、最初の更衣室は浴室に直接はつながっていないので、必ず浴衣を来てここにこよう。

写真

温泉は地下1400mから汲み上げた褐色の湯。
真っ白に細かく泡立つ「絹の湯」やジェットバス、寝湯などいろいろ。大きな岩を配した屋外露天風呂もくつろげる。場所柄、屋外露天風呂から外の風景を眺めるということはできないが、湯船の種類が多いので結構楽しめると思う。

大江戸温泉物語 | 温泉

写真

温泉にたっぷり浸かったら、先ほど通ってきたお食事処のスペースへ。
周囲にいろいろな食べ物のカウンターがあるので、そこで注文し、好きな場所に運んでいただくフードコート方式。

写真

テーブル席も多数。

写真

韓国料理のカウンターも。

写真

ドリンクもアルコール含め多種用意されている。

写真

フードコート的な場所だけでなく、注文を取りに来てくれテーブルまで運ばれてくる一般のレストラン形式のところもある。和定食いろいろ。

写真

おつまみ的なものも。

写真

飲み放題プランもあった。
バイクなのでダメだったけど。

写真

風呂上がりランチ♪

写真

居酒屋もある。
館内はすべて、フロント受付時に渡された鍵で支払いが可能。チェックアウトの際にまとめて清算だ。

写真

子供にはこんな夏祭り風の遊び場所も。
ガムを型抜きするものや、ボールすくいなど懐かしの遊びが。

写真

写真

屋外には足湯がある。

写真

露天ぶろ付きの個室もある。
けっこう人気のようで、平日の昼間だったにもかかわらずかなりの部屋が埋まっていた。

写真

リクライニングチェアが並ぶ休憩室もあり、女性専用ルームも。

写真

こちらはエステ。

●美楽園(リラクゼーション・エステ) | お台場大江戸温泉物語

10分・20分の軽いものからセットコースまでいろいろ。
アロマリンパマッサージなどもある。

入場料は平日2,480円、土日祝2,680円と少々高めだが、半日たっぷり楽しめる場所。追加2,000円で深夜滞在もできるので、東京観光の際の宿替わりにも使える。冒頭で書いたが、成田・羽田の早朝深夜便とのセットプランもおススメだ。

利用の際は公式サイトに割引クーポンがあるので、それを提示するのをお忘れなく。

●大江戸温泉物語