东京温泉

东京有为数众多的温泉设施,这一点却不太为人所知。可在利用古民家改造而成的别有情趣的建筑及包围于庭园之内的正宗露天温泉等,充分感受日本的温泉文化。设施内有饭店,还提供美容及按摩服务。当日往返去东京的温泉,在体验日本温泉文化的同时消除旅行的疲劳吧。 日本語版 漢語繁體字版
首页營運者造訪報導

海に沈む夕陽を眺めながら露天に浸かる~神津島温泉保養センター

写真

神々が集った島と言われる伊豆七島・神津島。
東京・竹芝桟橋ターミナルから高速ジェット船で3時間45分。大型客船なら竹芝を23時に出港し翌日8:55に神津島に到着する。

今回はそのどちらでもなく、伊豆半島の下田から神新汽船の「フェリーあぜりあ」にバイクを積んで島へ渡った。東海汽船主催のバイクツアーに参加したためだ。

初日のツーリングを終え、最後に向かったのは「神津島温泉」。
集落からは少し離れているが、集落内にある神津島港から村営バスが一日4便でていて5分ほど。歩いても30分くらいで着く。

写真

外には誰でも利用できる足湯。

写真

まずは建物内に。
午前10時から21時まで営業しており、利用料は大人800円、小中学生400円。水曜日は休館。

写真

フロントがあるのは二階で、浴室は男女別ののれんをくぐり階段で降りて行った一階。
気泡浴槽に低温浴の浴槽も。サウナもある。

写真

畳敷きの休憩室。

写真

レストランも。

写真

ここの「づけ丼」「海鮮丼」がすごいらしい。

●神津島温泉保養センター内のレストランで出てくるづけ丼と海鮮丼はこんなに豪華! | とくとみぶろぐ

写真

さて、ここの目玉はやはり、広さ275平方メートルという自然の岩場に作った露天風呂。
脱衣所で水着を来てさっそく向かった。

ちなみに露天風呂は男女混浴なので水着着用が必要。持っていなくても500円でレンタルも可能。

サンダルは置いてあるのを利用できる。
冬場はおそらく相当風が冷たいと思うので、バスタオルなど持参するといいだろう。

写真

道の下に作られたトンネルをくぐり、海側の岩場へ。
ここが露天風呂の入り口だ。

写真

露天風呂は全部で3つ。
木の階段を上ったところにあるのが人気の「展望露天風呂」だ。

ちょうど同じツアーに参加している男性がいたので、まずはそちらに行くことに。

写真

屋外にあるが、夜間は危険防止のため閉鎖されるとのこと。

写真

おおっ!!!本当に目の前が海!!!

写真

この日は波が高く、目の前の岩場にも大きな波が当たっては豪快に砕けていた。

少し濁りがあり塩分感じる湯は暑すぎずぬるすぎず適温。
加熱あるいは加水しているのかと思ったが、湯温57度なのでそのまま使っているそう。なので朝方は少々熱すぎることもあるのだとか。

写真

海風を感じながら浸かる温泉。
あまりに心地良く、一度入ったらなかなかでられなくなるほど。

ツアー参加メンバーとバイク話などしながら、気付いたら30分近く入っていた。この後も男性陣はさらに長湯していたようだ。

写真

展望風呂のそばにさらに高台が作られている。

写真

そこから見下ろした海。
溶岩によって形成された黒い岩場は、割れ目もたくさん。

この沢尻湾沿いを集落に戻る途中には「うずまき岩」という、その名の通りうずまき状になった岩場もある。

写真

6月頭でまだ観光客が少ないためか、大露天風呂には湯が貼られていなかった。かなりの大きさだ。

写真

こちらは岩場の影に作られた小露天風呂。
海面との距離はもっとも近くなり、海水浴気分も味わえる。

写真

いやー、こんなに温泉に浸かっていたのは久々かも!
気持ちよかった!

写真

岩場の一角から湯が流れ出ている場所があり、そこが赤茶色に染まっていた。

写真

その後内湯にも入り、少し休憩してから帰途に。
ちょうど大きな夕陽が太平洋の上に沈むところだった。

露天風呂からもこの夕陽が見えることだろう。
日没タイムの少し前に訪れるといいかもしれない。

金曜日の夜に竹芝をでれば、翌朝には神津島に到着する。温泉に入り、島内観光し、夜は地魚料理をいただき島の焼酎を飲み、翌日もう一回温泉に浸かってから帰途の船に乗る。そんな週末温泉旅行もいいかもしれない。

●神津島村役場オフィシャルサイト「温泉」